リーガルV 第3話あらすじ 

   

リーガルV、大門未知子のノリでなんとなく見始めたのですが、なんかはまってしまいこういった法律ものが好きなのですかね。と思いながら、えっこの状況でどうやってひっくり返していくんだろう、ドキドキって、それはなりだろうと思いながらも・・・きたきたーと。

 

Sponsored Link
 

リーガルV 第3話あらすじ

親睦会でキャンプ場にやって来た「京極法律事務所」のメンバーは、ヤメ検弁護士・大鷹高志と出くわす。
実は、このキャンプ場を流れる川は、2カ月前に女性の撲殺体が見つかった場所。その後、事件当日に
被害女性と夫・浅野洋平が一緒に現場にいたことが判明したばかりか、浅野には愛人がおり、
妻に多額の生命保険を掛けていたことまで発覚! 浅野は世間から“女の敵”と袋叩きにされ、殺人容疑で逮捕されたのだ。
しかも、ただでさえ情状酌量の余地がないというのに、浅野はなんと「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために
新宿にいた」と、無罪を主張! 大鷹はそんな無謀ともいえる、浅野の弁護を引き受けたのだという。

話を聞いた元弁護士・小鳥遊翔子は、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、
調査協力を約束。さっそく事務所のメンバーに、事件当日の目撃証言を洗い直させる。一方、肝心の浅野はというと、
態度も記憶もいい加減。どの供述も嘘としか思えないほど、まったく裏付けを取ることができず…。

そんな中、浅野がやっと無実証明のカギとなりそうなことを思い出す。新宿で高校時代の美術教師・蟹江光晴夫妻を見かけ、
会釈したというのだ! 翔子と大鷹はすぐさま、蟹江夫妻が暮らす静岡へ。だが、蟹江も妻の光代(原日出子)も新宿へは
行っていないという…。アリバイ証言ゼロの状態に、頭を抱える大鷹。そんな中で迎えた公判の日、
浅野から飛び出した供述内容に、翔子は引っかかり

 

 

Sponsored Link
 

今回の電車ネタはなんだろう。

静岡にいくようですから・・・

静岡鉄道でラッピング電車、ちびまるこちゃんでしょうか。あくまで予想です。はずれたらごめんなさい。

 

 

米倉涼子

Sponsored Link
 

 

 

 - 2018年秋ドラマ, リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子 , , ,