相棒16、第6話あらすじ、大杉連さんが渋すぎる

      2018/08/08

夕方といえば相棒ですよね、ときどき再放送をみてしまいます。たまにですよ。のんびりテレビをみる暮らしをしたいものですなんてことを考えながら小学生のころは学校から帰るときまってテレビをみたものでしたが、あのときにもっとテレビをみておけばよかったなぁなんて思います。

びっくりしますよね、再放送って。なんだかひと昔前みたいなかたちで。

Sponsored Link
 

相棒16、第6話あらすじ 「ジョーカー」 2017年11月22日(水)放送

元刑事が警視庁を訴える前代未聞の裁判が開廷
特命係が、大河内監察官と共に真相解明に動き出す!!
早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城だった。衣笠副総監(大杉連)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
右京と亘(反町隆史)は、幹子が本当に自殺だったのか、警察の代表として裁判に出廷した大河内と共同捜査を開始。通常ではありえない捜査方法だが、係争相手である早見と接触するという大胆な行動に出る。早見によると、幹子は何者からか脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけるだった。

元刑事の妻の死は自殺か、それとも殺人か?
警視庁を震撼させる異例の裁判の行方は、

特命係と大河内監察官の三人に委ねられた!!

 

大杉連さんが渋すぎる

普段はふんわりしていて徳島をこよなく愛するおじさんとは思えない変貌ぶり

役者さんってすごいですよね、そんなすごみを感じながら

また制服姿が似合うなぁ、これは。

 

大杉連

Sponsored Link
 

ー 関連記事 ー

大杉漣さん急死、北野武映画で存在感、大のサッカー好きの一面も。 

 - 2017秋ドラマ, 相棒16 ,