テセウスの船、第7話あらすじ 真犯人は何をする。

   

そんなに人を殺さないといけないのか、31年も経っているほかなんともツッコミどころばかりになってきました。結構よかったのになぁ、ここで捕まるわけにはいかないってそれは捕まるでしょうよ。もう少し落ち着いていけや~。

Sponsored Link
 

テセウスの船、第7話あらすじ 真犯人は何をする。

田村心は、現代で一連の犯人が木村みきおだと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまう。音臼小事件の発生まであと二日。心は文吾と共にみきお少年を追うのだが、村から忽然と姿を消していた。

みきおの消息が掴めず焦る心は、歴史が変わった現代で和子と兄・慎吾が心中していることを父・文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に大きな溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか

なんとも不自然なお芝居なのか、脚本が悪いのか、ストーリーを理解できていないのか。なんだかひたすら上野樹里のステージを見ているような気分になってきた。

Sponsored Link
 

 - 2020春ドラマ, TBS番組, テセウスの船 , ,