トップナイフ第4話あらすじ、エンディングダンスに注目

   

なんだか毎回脳のお病気の方がいるものだと少し滅入ってしまいそうなところもありますが、それもまた御職業ですから。と。心臓とか脳を扱うというのはやはりすごいことですよね。あまり考えないようにしていますが、血圧が上がらないように減塩することぐらいしかできませんが。西郡を演じている瑛太の弟である永山絢斗の演技も見逃せません。

Sponsored Link
 

トップナイフ第4話あらすじ

深山たちは救急搬送された記憶のない女性患者の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。
手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

そんな中、60代の男性・山口清が幼馴染の内田正に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて。
今出川 いまでがわ(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが。

黒岩は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。
西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて。
一方、来島への思いを持て余す幸子は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!

記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく。

 

 

Sponsored Link
 

― 関連記事 ー

トップナイフ第3話あらすじ、広瀬アリスがかわいい。

看護師 伏見愛子役の女優さんはこんな方

まんぷく出演中の藤本泉(谷村美代子役)、谷村美月に似ている

 - 2020春ドラマ, トップナイフ , , , ,