テセウスの船、第3話あらすじ、榮倉奈々さんの笑顔が眩しい

      2020/01/27

未来からやってきた、そんな人がいたらどう対応するだろうか。そんなにまっすぐに未来のことがわかりますかと尋ねるだろうか。きっと競馬のレースの結果など聞くのではないだろうか。それよりも面接を受ける前に自分の身辺をうまく答えることができるのかもう少し準備していくのではないだろうか、例えものすごく田舎であっても。

テセウスの船、第3話あらすじ

田村心は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

 

 

真犯人をどうしても探してしまうのだが。

もう何人かに絞れてしまってユースケ・サンタマリアか竜星涼しかいないじゃないかというところと、もう少し我慢すると別の人物がでてくるのか。もう少し待ってみることにしよう。

ー 関連記事 ー

テセウスの船、第2話あらすじ、麻生祐未がきれいすぎる

 - 2020春ドラマ, TBS番組, テセウスの船 , , ,