『半分、青い』第8週あらすじ&感想 秋風の本名発覚「美濃権太」あの人

      2018/08/14

鈴愛が奮起するときに時々流れるあの曲は何だろうとなりつつ、今回の騒動で秋風と鈴愛がやっと師匠と弟子の関係になったように感じます。鈴愛と母の関係、いつみてもウルっときてしまいます。

Sponsored Link
 

あらすじ 第8週 5月21日(月)~5月26日(土)放送 『助けたい!』

秋風(豊川悦司)の新作を捨ててしまった疑いで破門され、岐阜の実家に帰ってきた鈴愛(永野芽郁)。突然の娘の帰省に晴(松雪泰子)も宇太郎(滝藤賢一)も驚くばかり。同じ頃、東京のオフィス・ティンカーベルでは意外な事実が発覚。秋風が夜食に焼きおにぎりを温めようと電子レンジを開けるとそこにはネームが。鈴愛が捨てたのはただのゴミ、秋風の勘違いだった。

秋風が謝罪の為岐阜に向かう。律(佐藤健)と正人(中村倫也)を案内人として同行させた。秋風の突然の訪問は楡野家一家を慌てさせる。覚悟を決めた鈴愛が、秋風にとった態度とは・・・。秋風の土下座姿を記念だといい捨てカメラで撮り、岐阜のサルと呼ぶのは金輪際止めてもらいたいと伝え、東京に戻ったら飯アシなのか!と訴えた。秋風に漫画塾の特待生として受け入れると約束させた。

一方、オフィス・ティンカーベルの秘書、菱本(井川遥)は秋風のとある異変に気づく。夜、菱本は、秋風の部屋を訪れあることを問い詰める。重い口を開いた秋風の言葉とは・・・。「少し、旅に出る」書置きを残し姿を消してしまいました。

☆秋風はふくろう商店街の鈴愛の実家にいました。前回、桃源郷だと言って気に入っていましたものね。何故か秋風は自分の病気が再発したと思い込んでいるようですので癒されにいったのですかね。みんな暖かくて優しいですものね。

☆心配するアシスタント達はひょんなことから秋風の本名を知ってしまいます。その名も「美濃権太」。呼んでみるとなんだか。。。。 ふくろう商店街は東美濃市(架空の街)にあります。やはり秋風にとって何か感じるものがある街だったのかもしれませんね。

鈴愛と恋仲になるであろう正人役演じる中村倫也さん

D-roomのCMではか弱くてちょっと変わった男性を演じています。

声を聴くとあぁ本人だ、とわかりますが何気に見ていたら気がつかないかもしれませんね。

カメレオン俳優っていわれているだけありますね。このCM、上野樹里との掛け合いがかわいくて好きです。

『半分、青い』第7週あらすじ&感想 鈴愛(永野芽衣 )ボディコンでお立ち台

Sponsored Link
 

 - CM, 半分、青い, 朝ドラ , , ,