さんままつり、東京タワーの下で、どこのもの?

      2018/04/10

 

きいてないぞ、そんなイベント えっ、今回で9回目

さんまといえば目黒のさんまではないのか、こちらはこちらでやっているよね。

岩手県の大船渡から届くさんま、なんだか不漁で準備が大変で開催が危ぶまれたとのこと。

 

Sponsored Link
 

3333匹をなんとか確保しておまつりを今年も開催します!! 不漁で準備が大変でした。

大きさ消費者が望むサイズは150gぐらいがいい。でも現状130gぐらいのさんまが中心になっているそうです。

ややこぶりとのこと。どうかなぁ、そんなに頻繁にさんまをたべるわけでないからいいかな。

 

まつりだ、まつりだ。

結構な行列ができるそうです、無料配布は9時ごろなくなってしまう・・・大人気のイベントです。

午後なら200円で販売しますのでどうしても食べたい方はおでかけをご検討ください。

うーん、もらえるのならもらいたいところですが。

 

不漁の原因は?

あまりもめるのは好きではありませんが、さんまがたべられないとなると話は別です。

中国でもさんまを結構たべるようになったらしです。日本料理店などで塩焼きでたべているとのこと。それだけの人数がたべればそれはとれなくなるよね。

なんとかならんかね。最近あまりきかなくなったけどマグロもクジラもかなりいわれているんだよね。

そんなに日本人をいじめないでほしいよね。

 

さんまのほかにも脇をかためる・・・

鹿児島県肝付町の「辺塚だいだい」を添え、千葉県山武市の「さんまに良く合うしょうゆ」なかなか充実していますね。

他にもさんまバーガー、すり身汁、これもいいですね。

それからタレントのみなさんも多数参加予定、明石家さんまさんはきませんが、さんまさんのものまねをするほいけんたさんはきますよ(笑)

Sponsored Link
 

 

大船渡さんま

さんま焼き師のみなさん?!が焼いてくれるそうです。

 

本州一のサンマの水揚げを誇る岩手県大船渡市で、サンマを焼く極意を認定する試験があります。

実技講習と筆記試験を2日間にわたって行う試験

1日目は実技

〈極意一.〉サンマを持ち上げるときは、ボディ全体をトングで挟むべし!
〈極意一.〉サンマは「火」で焼くべからず、「熱」でじんわり焼くべし!

2日目は筆記試験

問題は20問。8割以上の正解で合格となり、当月中に結果がわかる。

 

その合格者の方がさんまをやいてふるまってくれます。さんまを焼く極意が気になってきました。

時間があればなまはげ検定とともに勉強にいってみたいものです。

 

Sponsored Link
 

 - グルメ