24時間テレビのマラソンランナーとブルゾンちえみ

      2019/08/03

ナイナイさんのおもしろ荘にでた芸人さんがブレイクしていく、そんな中にブルゾンちえみさんもいたように記憶しています。

まさにあっという間に売れていったような。CMを始め見ない日はありません。いいすぎか。

Sponsored Link
 

あれれ、あの名コーチと一緒に練習している風景がうつっているじゃん。

結構誰になるのんかなぁと真剣に予想していたりしたのですが、今朝テレビをみていると

あのコーチと一緒に練習しているじゃ、ありませんか。わぉ、これでもう決まりでしょ。

それに少し前からなんだかやせたなぁとかなりお疲れなのかと心配するぐらいでしたがマラソンの練習をかなりハードにしていたとなれば納得でございます。

私もフルマラソン完走したことがありますが。

東京マラソンがはじまる前のタイミングですでにフルマラソンを完走しておりました。世の中ブームになり東京マラソンと騒いでいるころには少し私の中ではトーンがおちているところがありました。それはそれとして月に200キロぐらいは走り込みましょうとマラソンの本には書いてあります。あくまでも初心者やはじめてレースにでるかたにむけたものなので本当に最低ラインだとは思いますが日常的に運動しない人にとってはかなり過酷なものになると考えます。

毎日時間がとれるのであればいいのでしょうが、会社員であるとかなり難しいと思います。たとえば週に数回、一駅前でおりて走ってかえるなど、加えて週末にすこし走る距離を増やすこんなメニューになると思いますがかなり趣味に特化しないとこれは難しいですね。仕事でといわれてもなかなかハードな内容でないでしょうか。ふと、最近走りから遠ざかっていますが、もう一度やってみるとしたらそんなことを考えてみたときに怖くなりました。誰かコーチがついてくれてそれについていくことができればかなり心理的に強いものがありますが。

Sponsored Link
 

ブルゾンちえみ

人が苦しい様をみるのが好き?なのかがんばれー!といいたいのか

学生時代も運動をしていました。走り、特に夏場は大変であることが頭がからはなれない日はありませんでした。ですのでテレビでマラソンや駅伝をみるのが正直好きではありませんでした。苦しいだろうなぁ、辛いだろうなぁ、それをみているだけの視聴者?!たまにはおまえらが走れ!人が苦しいそうにしているのを見るのがそんなにたのしいかと。そんな風に斜めからものをみていました。

少しおちついたのか。なんだかがんばっている人からパワーをもらえるような、自分もがんばろうとそんな風に自分がかわってきているような気がします。箱根駅伝などは必ずみてしまいますし。

Sponsored Link
 

 

 - お笑い・バラエティー , , ,