マリン、南米でプロサッカー選手だった芸人、どこの事務所?

      2019/08/21

ついにきましたね、元プロサッカー芸人。いいですねー。Jリーグの経験はないようですが、ここ最近はJリーグを経験しないで日本代表に入る選手も出てきましたし海外経験重視の選手も増えてくるでしょうね。そんな選手たちをひとくくりに雑草というのもどうかと思っている今日この頃です。

話を戻してマリンさん、どんな芸をみせてくれるでしょうか。サッカーが上手な芸人さんっていますよね。ワッキーさんとか又吉さんとか。又吉さんが舞台でリフティングをしているところをみたことがありますがかなり上手でした。だからマリンさんは単純に舞台上でリフティングするぐらいじゃあかんですよね。なんて勝手なことを言ってみたくなります。

Sponsored Link
 

ではどんなネタをする?

さんまのお笑い向上委員会に出ていらっしゃいました。前のめりになって見てしまいましたよ。南米の汚いファールの描写をされていました。うーん、どうでしょう。でもがんばってほしいな。

期待するとしたら。。。南米の派手なユニフォームとか着て出てきて欲しいな(そうでなかったらそんな風にしてほしいな、コカ・コーラとか胸にロゴが入っていたりして基本原色または蛍光色かなんかで)そしてチラベルトの従兄弟のところに身を寄せていた話とか。ロスタイムがどえらい長い話とか。スラム街にあるサッカーチームの話であるとか。一般ウケするのか少し心配ですがサッカーをしていたものからすると聞いてみたい話だったりします。というか既にフリースタイルフットボールの仕事が中心になっていますね。一般ウケしている?は余計なお世話なのかな。

ツイッター、インスタグラムを積極的に活用

インスタグラムにはフリースタイル動画をアップされています。見ていて思ったのですがマリンさんは基本的にまじめな方なんでしょうね。こどもの頃からよく練習していたという事もわかります。サッカーしている人間でもリフティング派と非リフティング派に分かれますが、マリンさんみたいに真面目なコツコツタイプの方はリフティングに戻っていくのでしょうかね。

帰国後の就職活動は

社会人経験のないお前を雇う会社がないと言われたそうです。辛いですね。ここに日本の現実、縮図を感じます。すごい貴重な経験をしているからそれを活かしてみればなんてなかなか言ってくれませんものね。

サッカーの家庭教師、リフティングの先生、フットサルコートでの営業、サッカー用具のアドバイス、芸人以外でサッカーを仕事にするっていろいろありそうな気もしてきましたがなかなか難しいですかね。だからといって芸人になろうというのも発想がふりきっていて驚きます。サッカーを活かして芸人をやる!!って簡単に判断できるものなのか?やはりすごいですね。

足は速いのかな?体力に自信アリなのかな?しゃべりでがんばっていくのかな? テレビに出始めているので今後注目していきたいですね。

Sponsored Link
 

活動していたのは南米のどこですか?

パラグアイ、ボリビアでプロ選手としてプレーしていたようです。4部リーグのようです。イメージがわかないぁ。

 

マリン

プロフィール

生年月日:1988年12月30日
出身地: 埼玉県狭山市
血液型: A型
身長: 166cm
体重: 66kg
靴サイズ: 27.5cm  けっこう大きいですね。

趣味:フリースタイルフットボール・アニメ

特技:サッカー

高校卒業後チラベルトに憧れてパラグアイへ

南米で8年間、プロのサッカー選手を行っていた  パラグライ、ボリビア
【所属していたチーム】
Olimpia U-20
Humaita FBC
General Caballero De Campo Grande
San Martin
La Maquina Vieja Milton Melgar
Deportivo Aleman De Sucre

所属事務所:松竹芸能

 

― 関連記事 ―

ぺこぱのじゃない方は高校の時サッカー部でチームメイトがすごい。

カカロニのお笑い菅谷って W杯で客席からの見事なヘディング サッカー好き芸人なのね

ジェフェルソン・バイアーノ(水戸ホーリホック:FW)がとにかく凄い。来期は一人昇格やな。

 

Sponsored Link
 

 - お笑い・バラエティー, サッカー, スポーツ